お子様の歯の健やかな成長を助けます

小児歯科

お子様の歯を守るために

口腔内をトータルサポートお子様の乳歯はいずれ生えかわるため、虫歯になっても問題ないと思っている親御さんが時々いらっしゃいます。しかし実際、乳歯の健康状態は永久歯に生えかわってからの口腔内に大きく影響するため、軽く考えてはいけません。
 
乳歯の時期から正しい予防や治療を行えば、健康状態はもちろん、正しい歯並びや咬み合わせへと誘導できます。小さな頃から小児歯科に通い、お子様の健やかな口腔内を守ってあげましょう。
小児歯科の重要性カウンセリング重視の歯科医院小さなお子様の食生活や歯みがき習慣などは、生涯の口腔内の状態を方向づける大事な役割を果たします。しかしお子様の口腔内を健康に保つのは、お子様自身だけはもちろん、親御さんでも難しいでしょう。そのため、積極的に受診していただきたいのが小児歯科です。

正しい歯並びを導くために

歯並びが悪いと、見た目が気になるだけでなく、歯みがきがしにくいことから虫歯や歯周病になりやすくなります。小児歯科では、乳歯の頃から口腔内を観察して矯正治療を行うことで、正しい歯並びへと導きます。

乳歯の治療も重要です

虫歯になった乳歯を放っておくと、虫歯菌が充満した環境の中に永久歯が生えてくることになります。せっかく生えかわった永久歯も、常に虫歯菌にさらされることになり、虫歯になるリスクが高まることに。小児歯科では、永久歯を守るために乳歯の時期から虫歯の治療を行います。

お子様が安心できる治療環境を

当院では保育士資格を持ったスタッフを配置し、お子様が安心して治療を受けられる体制を整えています。治療の前には歯医者が怖いところではないことを丁寧 にご説明し、お子様が怖がっているうちに無理に治療を行うことはありません。また、お子様だけでなく保護者様にもしっかり把握・納得していただいてから治療に入りますので、ご安心ください。
歯のことなら何でもご相談下さい・お問い合わせ

キーデンタルクリニックの小児歯科の特長

歯科治療中の保護者のご同席
当院ではお子様の治療に対する不安を少しでもやわらげるために、基本的には保護者の方にご同席いただいております。治療の進め方なども一緒に見ていただき、保護者様にも安心していただいております。
妊婦さんの歯科治療も行います
生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内には、虫歯菌が存在していません。赤ちゃんの口腔内に虫歯菌がうつり棲む原因は、実はお母さんなのです。お子様を虫歯から守るために、妊娠中の頃から虫歯菌の数をできるかぎり減らせるよう、当院では妊婦さんの診療にも対応しております。妊娠中は長時間の診療は難しいので、安定期に入った際に短い診療時間で済むクリーニングを行います。
虫歯の進行段階
歯みがき指導
ごく普通の虫歯 正しい歯みがきが習慣づくよう、歯科衛生士が歯みがき方法を指導します。染め出し液を使ってみがき残しをチェックしたあと、歯ブラシの正しい使い方やポイントを押さえた歯みがき法をお教えします。
シーラント
エナメル質の虫歯 奥歯には複雑な溝があり、そこは食べカスがつまりやすい上に歯みがきがしにくいため、虫歯になりやすくなっています。その溝をあらかじめ歯科用プラスチック樹脂で埋めて虫歯を予防する処置が「シーラント」。生えかわったばかりの永久歯にも処置が可能です。
フッ素塗布
象牙質の虫歯 歯の再石灰化を促し、虫歯菌が出す酸に強い歯質をつくるフッ素を歯の表面に塗布することで、虫歯に強い歯にします。なお、ごく初期の虫歯であれば、フッ素塗布で治癒することがあります。定期的に行うと効果的です。
小児矯正
神経の虫歯 成長期にあるうちに矯正を行い、歯を抜かずに歯並びを整えます。取り外し可能な装置を使って顎を大きくする「床矯正」や、乳歯のうちに行う受け口の矯正「ムーシールド」など、さまざまな矯正方法から適切なものをご提案します。
※当院では、矯正専門医が担当しますので、なんでもご相談ください。
食育
末期の虫歯 食事は、空腹を満たすだけのものではなく、「咬む」ことで脳を活性化させたり顎の骨を正しく成長させたりするために大切です。最近では歯ごたえのない食べ 物が多く、顎の未発達により歯並びが乱れてしまうお子様が増えています。「食育」によって、食事の大切さを学んでいきましょう。